« トッキュウジャー | トップページ | 竜星盤 »

2014年6月23日 (月)

RPGに最低限必要なこと

RPG(と認識できる状態)に最低限必要なことを考えてみました。
(判断基準は、あくまで自分が納得できるかどうか)

1)キャラクターが成長すること。
2)敵がいること。
3)その敵を自分の意思で攻撃できること。
4)その結果(勝敗)が分かること。

例えば1だけで、「ボタンを押したらレベルアップするゲーム」を作ってもRPG感はでない。

で、2~4を加えて、
「敵をタッチして攻撃。自分のHPがなくなる前に、敵のHPを0にできたら勝利。勝利後、レベルアップして敵を倒しやすくなるゲーム」なら、RPGって感じになるかなと。

もし、敵ではなく、「アイテムを合成して成功したらキャラが成長する」というゲームの場合、RPGではなくてSLGっぽい気がするので、やっぱり「敵を倒す」がポイントなのかなと。

ということで、「自分の場合は、こういう条件も必要」とかありましたら教えてください^^

« トッキュウジャー | トップページ | 竜星盤 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

因みに、RPGの定義の話しではなく、「実質的な最小構成を考えよう」という趣旨です。

5)レベルはフラグの為ではなくキャラの強化の為にある(1と被っていますが)

アクション系は全くと言っていい程やらない私の場合、
「アクションRPGの中で、どの部分をRPGっぽく思うか?」
と聞かれたら、大体同じ意見かと。

・・・ただRPGと銘打つからには
「シナリオ持って来い!話はそれからだ(メ▼▼)y─┛~~」
と言いたいですし

奇跡の生還者Aさん
「ヤ、ヤツは不死身なんだ!魔法も武器も効かないんだ!おれは、たまたま投げた武器がヤツの頭に当たって、なぜかヤツがひるんだ隙に逃げてきたんだ!」
=当たり判定が頭にしかない

ぐらいの情報はシナリオで出してほしいです。

(初っ端のボスに詰まって友人に倒してもらった際に
「・・・コイツは当たり判定が頭にしかないんだよ、・・・というか、どうやって第1面でレベルMAXにしたの^^;」
と言われた経験あり)

>悠さん

どもです^^

「シナリオがいる!」という人はいるでしょうね。


>レベルはフラグの為ではなく

この部分。 「レベルがフラグの為」っていうのは、どういうことでしょうか?
(最近はそういうゲームがメジャーとか?)

いえいえ!
○レベルになったら~~機能が解放される=強くなる
と言うのはメインにして欲しくない・・・程度の話です!
(ステータスの変動がメインで、その結果、必殺技や魔法を覚えたりして欲しい)

全然メジャーじゃ無いです!多分!

なるほど、そういうのもあるんですね!

5)不確定要素(乱数・ダイスの使用によるわくわく感)
 テーブルトークの時代から様々な選択の時にダイスを使っていたことから、コンピュータRPGの時代でもここは結構重要な要素なのかなと思いました。
 極限まで乱数を突き詰めたローグ系RPGもあると思いますが、それに限らずストーリー重視のRPGであったとしても自分の意志で攻撃などの選択要素があるとして、この選択肢をとったとしても必ずしも・・・・という要素が必要かなと。
 単純に攻撃を選択して必ず5ポイントのダメージが与えられるのと、3〜8のダメージ、たまに会心の一撃が出るような要素というものが、RPGには必要かなと思いました。
乱数がなければAVGになるのかなと。

6)探検・探索・散策
 RPGの醍醐味はたとえ敵が出現しなくても、その世界でのキャラとして世界を歩き回れることかなと思います。未知の世界を開拓していきたいという人間の本能でしょうか。

私の場合はこんな感じです^^


>Wisderさん

>5)不確定要素(乱数・ダイスの使用によるわくわく感)

確かに! 当たり前過ぎて書いてなかったです;
ほぼ全てのゲームに必要な要素ですね。(AVG系以外?)


>6)探検・探索・散策

自分的には歩きまわれなくてもOKです。

でも設定は必要ですね。
最初の項目でも「敵」という設定をしてますが、せめてどういう敵なのか(闘技場にいる人間なのか、洞窟にいる魔物なのか)は必要だなと思いました。

なので、自分的には「世界設定」という項目を追加します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2041856/56588367

この記事へのトラックバック一覧です: RPGに最低限必要なこと:

« トッキュウジャー | トップページ | 竜星盤 »