« 発達障害系の本 | トップページ | ゲーム開発日記・合戦前 »

2014年10月17日 (金)

MindWave(脳波測定装置)レビュー&ファンネルへの応用

2万円で買えるようになってたので購入しました^^

bluetoothでPCと繋がってるので、プログラムで波形を取得することもできます。

(先日お会いした大学教授曰く、脳波ではなく脳筋を取得してるのかもとのこと。微弱な脳波だけを取るのは難しいので)

 

<MindWaveモバイルの性能>

いろいろ試してみましたが、アルファ波(瞑想度)はちゃんと取れてる気がします。

例えば、眼を閉じて寝る感じになると、瞑想度の値が高まるので。

あと、集中度もそこそこ取れてるかも。(瞑想度に比べたら微妙)

 

以上を踏まえると、ゲームとして利用する場合、デフォルトで入ってる「瞑想して物を浮かせるゲーム」と「集中して物を燃やすゲーム」が、分かり易い利用法ですね。

 

<ファンネルを動かせるか?>

このMindWaveモバイルでやるとしたら、

「ファンネルはある程度AIで動く」という設定を追加して、

・集中が「20%~80%」ならファンネルが敵の近くへ移動。

 集中が高い方が速く動く。

・集中が「81%以上」なら、ファンネルで攻撃。(自動ロックオン)

 集中が高い方が連射できる。

でしょうか。

ゲーム性を入れると、ファンネルにエネルギーを持たせて、

「敵がいない状態なら動かない&撃たない=エネルギーの節約」、「敵が来たら直ぐに撃破=スコアアップ」とか。

それと、瞑想度で、「攻撃命中率(ロックオン精度)を上げる」のも良いかも。

これなら、昔作ったNTシミュレーターを利用できそうです↓(アナログスティックx2で動かすゲーム)

http://www.studiogiw.com/game/nt/

 

<まとめ : 新しい操作感覚のゲームになる>

「ゲームを操作しながら、脳波も操作する」のは難しそうですが、まさにニュータイプ専用ゲームな感じで面白いんじゃないかと!

・・・あとは制作予算をどう捻出するか。。。

-------------------------------------------

MindWaveモバイル

« 発達障害系の本 | トップページ | ゲーム開発日記・合戦前 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

あ、瞑想と集中は逆の方が良いかもですね。
 
 集中=ロックオン率上昇
 瞑想=移動&攻撃

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2041856/57705465

この記事へのトラックバック一覧です: MindWave(脳波測定装置)レビュー&ファンネルへの応用:

« 発達障害系の本 | トップページ | ゲーム開発日記・合戦前 »